ワイヤレスイヤフォンで音声が途切れる?bluetoothのバージョンを確認しよう。

bluetoothのバージョン
 <2016/10/22追記>
はいどうも。
いつだったかイヤホンをワイヤレスイヤホンに買い換えたのですよ。
ポケットの中で絡むのがとてもとても嫌で。
おかげでグッと快適に過ごせるようになって安心していたんですよ。
安かったし。
↓せっかくなので確認したら僕が買った時より500円ほど安くなっている…
レビュー記事書きました↓
それでですね、
いま僕が持っている音楽機器は2つ。
①SONY WALKMAN S10シリーズ
②iphone 6
しばらくはiphone6をBluetoothでイヤホンに繋げていたんですよ。
それこそAmazonプライムに契約したばかりだったので、
Amazon Musicをフルに活用して。
なんですが、基本的に今まで聞いてきた思い出の音楽たちは
SONY WALKMAN S10シリーズに入っているわけなんです!
出社するときに気分をあげるための気志團も!
帰り道、たそがれながら聞きたいmoumoonも!
ということで今度はWALKMANに接続してみる。
「うん、無事接続できたな。じゃあ再生っと。」
イヤホン音声アナウンス「Out of Range(感知範囲外です。)」
ぼく「」
位置のせいかと試行錯誤してみましたが、
携帯で電話する距離までWALKMANをイヤホンに近づけないと反応しませんでした。
何故だ!?
と思い、調べてみました。
どうやら原因はBluetoothの「バージョン」にあったようです。
なんだよバージョンって。ポケモンですか。
初代は緑バージョンを買いましたよ。
↓調べたとき参考になったサイト
bluetoothの進化図
なるほど。
つまりは技術が進化して、Bluetoothが感知できる距離が上がって、
接続が切れにくくなっていくとのこと。
調べてみたら僕の持っているWALKMAN S10シリーズは
Ver.1.2」でした。
まあ5年前ですもの
じゃあ感度バツグンだったiphone6のBluetoothバージョンはどれくらいなんだろう?
調べてみました。

参考:

iphone-mania.jp

なんと、Ver.4.2!!
 
リリースされたときはVer.4.0だったのが途中でアップデートしてる!
ほんと最先端なんだなぁと感心!

まとめ

みなさん、Bluetoothが反応しない場合は、
接続機器のバージョンを確認しましょう。
ちなみに上記で上げたQY8イヤフォンは受信側のバージョンも
「bluetooth 4.1」となっており、おすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です