溜まった小銭はPASMO・Suicaのチャージに使える!チャージ方法の写真解説

はいどうも。(@at_box)です。

 
今回はまたPASMO・SuicaのTIPS記事です。
 
数ヶ月前に記事にした記事が現在アクセスが集まってきていて、意外にみんなPASMO・Suica活用を知らないんだな、もっとみんなが知らない可能性ある部分を記事にしよう!と思っての更新です!
 
 
 
 
 
 

小銭、財布に溜まりません?

 
突然の問題提起なんですけど笑
 
ずーっと思っていたんですが、小銭って溜まりません?
使おう使おうと思いながらも気がついたらお札は無いのに小銭入れはパンパンになりません?
 
僕は割といつもそうなっていました。。
 
  • 財布の形は崩れる。
  • 小銭入れを開けたときに中身が見えづらい。
  • 詰まっていて小銭が出しづらい。
  • そもそも財布がかなり重い。
 
 
こういったことが塵に積もって、小銭と一緒に小さなイライラが溜まっていました。
 
だいたいいつも処理にめんどくさくなって、コンビニの募金箱に小銭を入れていました。
動機はともあれ、これ自体はいいコトなんだろうけど、、
 
これも割とめんどくさかったです。
 
 
しかし最近この頻度を強制的に上げる必要が出たため、なにか良い方法はないかと探していました。
 
 

きっかけは薄い財布の購入

 
きっかけはコレです。
 
 
 
この薄い財布。
スタイリッシュだし、憧れのマネークリップ付きだし、軽いしで使用感にはとても気に入っています。
 
しかし、当たり前だが小銭をそんなにたくさん入れておけない!
 
ここにきて処理方法を悩みました。
基本的にお札の他に電子マネーで生活をするスタイルに落ち着いたのですが、

<宣言>日常決済を電子化して楽にお得な生活を目指す!

2016.10.28
 
 
とはいえ少し発生する小銭問題を解決しなくてはなりません!
 
 
職場でそんな話をしていたら同僚から、「よくPASMO使っているんだから、電車乗るタイミング1分早くしてチャージすればいいんじゃない?」というありがたい助言をいただき、さっそくやってみたらすごく快適!!
 
 

小銭のチャージ方法解説

 
ここからは写真付きで解説していきます。
※駅によってはいくつか精算機(チャージ機)に種類があると思うのですが、一旦割愛。
 
こんな感じです。
 
 
①券売機の前に立ちます。
f:id:gekokujo-labo:20160920222045j:image

②チャージボタンを押します。

f:id:gekokujo-labo:20160920222107j:image

③「10円単位のチャージ」を選択

f:id:gekokujo-labo:20160920222117j:image

④小銭を投入する

※対応していない1円・5円は勝手に吐き出されるので、基本全部入れちゃいます。

そうすると、機械が小銭を数えてくれるので、表示された金額をボタンで入力。

f:id:gekokujo-labo:20160920222128j:image

⑤完了!

f:id:gekokujo-labo:20160920222054j:image
 
 

まとめ

 
チャージは小銭にも対応している。
使い方は簡単、小銭を受け口に全部流して認識された金額を入力するだけ(所要時間1分未満)!
 
 
こんな感じです!
サラリーマンなど電車を使う全ての人にオススメです。
身は軽くなって、その上「お釣り文化」から開放されます。
 
 
余談ですが、個人的に趣味で500円玉貯金をしているので、毎回500円玉だけは持ち帰っています。笑
 
いつか500円玉貯金がある程度の額になったらそれも記事にしたいですねー!なんでも楽しまないと!!
 
 
オススメです!!
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です