スマートウォッチ「Misfit Vaper」を約半年使用してみたのでレビュー!【評判・評価・おすすめ】

はいどうも。
今回は直近で購入してかなり良かったものの紹介です。

ズバリ、スマートウォッチです。

これを購入したことにより、

  • 意欲的にランニングをするようになり、身体が引き締まった
  • 高い時計をしなくても、時計にきちんと拘っているイメージを持たれた
  • スマホを見なくても次の予定のアラートが流れて準備が楽になった

こんなメリットがありました。

個人的にはランニングとアラートがとても助かっています。

現在Apple Watch含めて様々な時計メーカーやら活動量計メーカーから製品が販売されておりますが、
今回僕は「MISFIT」というブランドのMisfit Vaporという種類のスマートウォッチを購入しました。

購入した経緯と、実際のつけ心地などをレビューしていきます。
スマートウォッチの購入を考えている人の参考になれば嬉しいです。

結論から言いますと、Misfit Vaporはかなりおすすめです!

Misfit Vaporを購入したきっかけ

僕がMisfit Vaperを購入したきっかけは3点あります。

  1. いちばん有名なApple WatchがAndroidユーザーの僕に適していなかったため
  2. Misfit Vaperは活動量計メーカーのため、価格が活動量計相場で安価だったため
  3. Misfitブランドのファンだったため

もちろん見た目がカッコ良かったことや、他の紹介レビューしているWEB上の記事の説明が上手かったこともありますが、
主な理由は上記の3つでした。

それぞれ細かく説明していきます。

AndoidユーザーにApple Watchは適さない?

多くの皆さんが、スマートウォッチと聞いて思い浮かべるのは「Apple Watch」だと思います。
あれだけCM等を打っていますからね。当然知名度はNo.1でしょう。

しかしあの機種ってiOS、というかiPhoneユーザーにはばっちり適しているのですが、
Androidユーザーへの適正ってほとんどないんですよね。
(ほとんどの機能が制限されてしまい、ただの電子時計になってしまう)

逆を言えば、iPhoneユーザーはほぼ間違いなく、Apple Watchがおすすめです。
(ただ、高いんですよね〜笑)

僕もiPadを持っていたので、そちらでなんとか連携してApple Watchを購入しようかとしたのですが、
あまり互換性が高くなく、結局じゃあどうしよう?と途方にくれておりました。

そこで調べるうちにたどり着いたのが、Android OS(現正式名称はWear OS by Google)のスマートウォッチでした。
正直なところ、Apple Watchに押されてほとんど知名度が高いAndroidスマートウォッチって聞かなかったですし、
やっぱりバッテリーが少ないことや、操作がカクつくことがイメージできたので、まだまだ”買い”では無いのかな、と当初は考えていました。

(実際、2017年頭くらいまでの機種での評判はあまり高くありませんでした。)

しかし最近の機種では、
そもそものOS(Wear OS by Google)が大幅なアップデートを行い少電力が大幅に改善されたり、
Google FitやGoogleアシスタント機能との連携を大幅に向上させたりと、かなり良くなってきているとのことでした。

OS自体に定期的にアップデートが行われて、2018年8月に行われたアップデートにて充電問題が大幅に解消されてました。
(それまでは1日持たないスマートウォッチなんて言われていたOSだったので、多くのユーザーがこれを気に増えたそうです。)

更に2018年11月に次なるアップデートが発表され、下記の3つが順次搭載されるとのことです。
どれもバッテリー関連で、実装されたほうが当然バッテリーの持ちが良くなるであろう機能が実装される予定です。

  • バッテリー残量が10%を切ると自動的にバッテリーセーバーモードになる
  • 腕から外すなどして30分以上動きがないと「ディープスリープ」モードになる
  • すべてのアプリで、起動すると前回終了した画面が表示されるようになる

このように、十分機能するようにかなり急ピッチで機能が実装されています。
こういった企業努力をしてくれる製品なんだ、と思ったところで、購入意欲が湧いてきました。

と入ってもAndroidスマートウォッチ(Wear OS by Google)と一口に言っても複数のメーカーが販売しており、
更にそこから機種が枝分かれして数十種類も市場に出回っています。

そこで次の指標として、「安価で良質なもの」という基準を設けました。
その基準について説明していきます。

スマートウォッチブランドはメーカーの出身ごとに特徴がある?

Androidスマートウォッチを販売しているメーカーはたくさんあるのですが、
主に時計メーカー出身のメーカーと、活動量計出身のメーカーがあります。

  • 時計メーカー出身のブランドの例:Tag Heuer(タグ・ホイヤー)CASIO(カシオ)、Michael Kors(マイケル・コース)
  • 活動量計メーカー出身のブランドの例:Fitbit(フィットビット)、Garmin(ガーミン)、Misfit(ミスフィット)
  • 電子機器メーカー出身のブランドの例:ASUS(エイスース)、Huawei(ファーウェイ)、SONY(ソニー)

それぞれ利点は異なるのですが、まとめると下記のような感じです。

時計メーカー:ファッショナブルなカラーのスマートウォッチが多く、服に合わせやすい。オシャレだが値は張る
活動量計メーカー:シンプルなデザインが多い。活動量計の価格相場が安いので、安価だが機能はシンプル
電子機器メーカー:無骨なデザインが多いが、機能性は高い。値段相場は一番高い玄人向け

ざっくりとこんな感じです。
僕自身は、安価で最低限の機能のスマートウォッチから始めてみたかったこともあり、
活動量計メーカー出身のスマートウォッチを選ぼうと決めていました。

活動量計出身のブランドは、Misfit以外に、Garmin、Fitbit、Suunto(スント)などがあり、
スポーツやワークアウト中につけて計測することで、活動量やランニング距離を測定するデバイスから出発している物が多いです。
Garminはその中でも本格的で、登山家などがつけているような専門性の高いブランドです。

以前は液晶がついていなかったり、簡易的なモニターや白黒表示だったものが、スマートウォッチ市場が成長するに連れて、
しっかりとしたディスプレイを携えたラインナップが増えてきました。

この活動量計自体の価格の相場が1-3万円くらいだったこともあり、
”しっかりとした時計”という切り口だと5万円以上するのが相場になっている時計市場の中だと安価で販売されています。
専門性の高いGarminで5万円前後です。

なので、活動量計出身のメーカーは他のメーカーより相場が安価である。
しかしデザインはシンプル

ここだけ覚えていただければ問題ないです。

次が最後です。
その活動量計出身のブランドの中でもどうしてMisfitを選んだのか?

ここを説明していきます。

Misfitってどんなブランド?

僕は元々Misfitが好きで、ただの活動量計で販売していた2016年ごろから使用しています。

で、このMisfitというブランドなのですが、他のブランドと比較して少々特殊な立場にいます。

それが、
途中で時計メーカーのFOSSIL(フォッシル)に吸収合併されたという点です。

つまり活動量計でありながら、時計メーカーのオシャレさを自由に使えるようになったのです。
実際にラインナップもカラフルで、女性含めて色々なファッションに対応したカラーで発売されています。

つまり安価でありながら、シンプルすぎるデザインという欠点を克服したのが、このMisfitというブランドとなります。

こういった経緯でMisfitから出ている当時最新のMisfit Vaperを購入することにしました。
価格は当時Amazonで25,319円でした。

先程上記でご説明したように、かなり安価じゃないですか?
Apple Watchが4-5万円するのと比較して、完全に”買い”でした。

ちなみに、カラーは3種類で販売されていて、
24,070円で購入できるカラーもありました。

▼カラー種類
・シリコンブラック
・シリコンホワイト
・シリコンミッドナイト

 

Misfit Vaporの使用感レビュー

さて、ここからは実際に4ヶ月間使ってみた僕の使用感をお伝えしていきます。
具体的にどういった部分がメリットだったのかお伝えできればと思います。

Google Fitで走るモチベーションUP!

Google Fitって皆さん使っていますか?
Googleの中でも近年フィットネスや健康維持の分野は注力している部分で、
そのサービスの中でも一番際立っているのがGoogle Fitというサービスです。

Wear OS by Googleに対応しているAndroidスマートウォッチ全てに言えることですが、
この機能がメインに実装されています。

内容を簡単に伝えると、
ランニングやワークアウト時に、活動量を計測してくれる機能です。

普通に手に装着しているだけで、
どれくらいの距離を走れたのか、どれくらいのカロリーを消費できたのかが分かります。

自分自身、社会人になってどんどん運動の機会が減ってしまい、
健康管理とというか、体重管理というか、徐々にずさんになっていたので、
気を配るいいきっかけになりました。

Misfit Vaperを購入してから週に3回程度のランニングをするようになりました。
しかもこの製品がなかったら、なんとなくの疲れ具合などで決めていたランニング距離が、
「○○kmを今日は走ろう」という目標の上、それが完了したのかどうか把握できるようになったため、
ランニング後の達成感が増しました。

実際、「俺、○○kmも走れたなんて、やるじゃん!」的な感情は自己肯定感を向上させてくれるので、
とってもおすすめです。

これだけでも購入してとても良かったと感じています。

LINE、Gmail、電話着信の通知が受けられる

当然スマートウォッチなのですから、スマホに来た内容の通知が受けたいですよね?
もちろん対応しています。

個人的に通知をスマートウォッチで受けられて良かったなと思うシチュエーションは、
電車の中と会議中です。

電車の中だと、満員電車だとスマホをいちいち取り出すのも難しい日もあります。
急ぎの連絡だと、場合によっては電車を一時的に降りて折り返す必要があります。

そういったジャッジもできるのが嬉しいです。
実際に二度ほどこういった経験があり、すぐに電車を降りる決断ができて助かった事があります。

また会議中や打ち合わせに関しても、スマホを取り出すのが良くない場合が多いですよね?
これも手元を見て確認できるので、会議中であろうと出るべき電話や、確認すべきメール連絡かどうかの判断ができます。

現在の仕事では、複数社との同時並行の打ち合わせで進むことが多く、
A社との打ち合わせ中に、B社からの連絡の返答がなく、「おまたせしてすみません…。」なんて言っている打ち合わせ中に、
B社から返答が合った場合など、Misfit Vaperのおかげで即座に連絡に気づき、A社との打ち合わせが前に進んだことがあり、
細かいけどすごく助かりました。

Googleカレンダーに登録している予定のアラートがもらえる。

こちらに関しては、スケジュールをGoogleカレンダーで管理している場合に限るのですが、
予定の開始時間の前にアラート(バイブ)を鳴らすことが出来ます。

打ち合わせ中に、会話が弾んでしまっていて時間を見損ねているときにアラートが鳴り、
「あと10分でこの会議室の予約時間が終わってしまう」という事に気が付き、
話の流れを調整したりなどができて役に立っています。

まぁこれは、ちゃんと時間を見ておけって話なんですが、
皆さん結構こんな経験ありませんか?

音楽再生についても手元で操作できる!

日頃僕はGoogle Play Musicにて音楽を聞いているのですが、
選曲やボリューム変更はスマホとワイヤレスイヤホンでそれぞれできるようになっています。

なので不都合こそなかったのですが、ここに「手元」という選択肢が増えます。
個人的にはそんなに重要な要素ではないのですが、
これも満員電車でポケットのスマホを取り出しにくい時の操作などで結構便利です。

あと、プレイリストを適当にストリーミングで流しているときに、
「お!いいなこの曲!」となったりした時にアーティスト名と曲名を知りたいじゃないですか?

そんな時、いちいちスマホを見なくても手元で今流れている曲が把握できるのも地味に助かります。
イヤフォン側ではディスプレイが無いので、操作はできるけど現在の曲は何かわかりませんからね。

充電は1日一度しないとダメ

アップデートが重ねられて徐々に改良されているとは言え、
充電問題に関しては、1日1度の充電は正直まだ必須です。

とはいえ、スマホの充電タイミング(寝ているあいだ)に同じように充電しておけばいいだけのハナシ。

個人的には別にデメリットにはなりませんでしたが、一応補足しておきます。

それスマートウォッチ?って声かけられまくる

これは副次的なメリットですが、
まだまだスマートウォッチは大半の人が装着しているものではありません。

なので、結構珍しがられて話題に上がります。
特に初対面の際なんかは、話題に詰まりやすいですよね。
そんな時「お!それってもしかして」と声をかけられることが多いです。

話題が増えることもそうですが、

  • 時計にこだわることができる人
  • ガジェット好きで、そのへんのハナシを相談できそうな人

と認識されることが多くなります。

これはもう思い切ってメリットにしてしまいましょう。
自分にハッシュタグをつける気分で、頼られたらググるくらいの気持ちで印象を有効活用しましょう。

これで僕は初対面で相手に覚えてもらいやすくなったと感じています。

せっかく購入するならただの時計+付加価値のある商品を身につけたほうがいいでよね。
僕が調べた限りだと、しっかりとしたブランドでこれだけ安価で購入できるのはMisfit Vaperだけです。

 

Misfit Vaporの外観がかっこいい

実際に僕はMisfit Vaperを利用していた際の写真を幾つか載せていきます。
結構かっこよくないですか?僕はかなり満足です!

Misfit Vaporのよくある質問

最後に、Misfit Vaperのよくある質問に対しての回答を記載しておきます。
やはりまだまだApple Watchと比較してユーザーの数は少ないので、準じてWEB上の解決記事なんかも少ないです。

僕自身がユーザーとして疑問に思った部分や、操作がわからなくてググりつづけた情報を下記にまとめて記載しておきます。

Misfit Vaporの充電方法は?

僕はまず最初につまづきました。
結論、USBジャックとMisfit Vaperを結ぶ専用のコードが付属してついてきます。

こんな感じです。

最初USBっぽくないなと感じましたが、USBで間違いないです。
差し込む際の上下が分かりやすいようにこのような形状になっているようでした。

無事にUSBに挿せたら、あとはMisfit Vaperを端子に合うように置くだけです。
本体を置く台座はこちら↓

正しい角度で置くと、給電中の稲妻マークが表示されますので、これで充電開始完了です。

Misfit VaporはLINE通知を受けられる?

着信、LINE、Gmail、Facebook、Chatwork、Kindle、仮想通貨取引所アプリなど、
各種の通知が受けられます。(バイブレーションと画面点灯)

設定はスマホの「Wear OS」という専用アプリから、「設定」→「通知」→通知したいアプリをONにする。
で設定できます。

もちろん通知数の分だけバッテリーは消耗しますので、手動で特定のアプリの通知をOFFなども出来ます。

同期できるGoogleアカウントは何個まで?

上限数は公式サイトに明示されていませんが、
僕は8つのGoogleアカウントを同期させているので、多くの人は全く問題ない上限かと思います。

もちろんアカウントも、特定のを今日だけOFFみたいな設定が可能です。

Misfit VaporはiPhoneでも使用できる?

使用できます。
しかし一部iOSアプリが制限されてしまうので、個人的にはiPhoneユーザーはおとなしくApple Watchを選択したほうが利便性が高いと思います。

Apple Watchが高価すぎて買えない!という場合で安価で通知だけ受け取りたい!という人にはおすすめできます。
Apple Watchは機能が豊富でiOSユーザーを大満足させることは出来ますが、
そこまで多機能なものを使い切れない!だったら安くして!という人には心からおすすめできますね。

(例えば、スマートウォッチ単体で電話なんか、別にできなくていいよ!って方など。)

機能しているアプリがAndroidスマートウォッチで対応しているかどうか調べる方法は、
お使いのiPhoneのApp storeで「Wear OS」と検索していただき、
検索結果に一覧で表示されるアプリの詳細画面に「お使いのデバイスでは利用いただけません。」という表示が出ていなければ問題ないです。

Misfit Vaper2が発表されているけど、今からなら2を購入したほうが良い?

2018年11月にVaper2の発売が発表されました。
しかし、はっきり言ってほとんどスペックは変更がありません。

定価が4,000円ほど上がるのに対して、
Vaper1にはなかった単体でのGPS機能、NFC支払い機能の2点が追加され、バッテリー容量が300mAh→330mAhまで増えただけです。
単体でのGPS機能はランニングなどで便利ですが、おそらくかなりバッテリーを消費します。
この機能をONにするだけで1日通しての使用は難しくなってしまうでしょう。

またNFC支払い機能はスマートウォッチで決済できる機能なのですが、
なんと日本では利用不可能…。
NFC支払い機能はGoogle Payを通して決済する機能のようですが、
日本だとGoogle Payとスマートウォッチ決済の組み合わせが全て利用できなくなっております。

つまり価格は上がってしまう上に、
バッテリー消費する機能と、日本では使えない決済機能が追加になっただけです…。

残念ですが、現在からでもMisfit Vaper1を購入したほうが絶対いいです。
Vaper2の発売に合わせてVaper1の店頭販売価格が下がっていく見込みです。

スペックのグレードアップはMisfit Vaper3を待ちましょう。

スマートウォッチ初心者はMisfit Vaperがおすすめ!

長くなってしまいましたが、結論Misfit Vaperはスマートウォッチ初心者の僕には最適でした。

  • Androidユーザーで、初めてのスマートウォッチを探している。
  • iOSユーザーだけど、まずは安価なスマートウォッチから始めたい。
  • ランニングを習慣にしてみたい。

こういった方々にはとってもおすすめです。

僕はプライム会員なのでAmazonから購入しましたが、
楽天・Yahooショッピングでも販売しているようなので、
是非自分のちょっとしたグレードアップにMisfit Vaperを利用してみましょう!