「男の疲れ顔」について原因と対策をまとめた。

男の疲れ顔

はいどうも。

新年も明けたということで、去年の自分に見えてきた改善点を実際に改善していく

これを目標に動いていけたらと思っています。
まずは見た目について、去年様々な人から指摘された内容から対策していこうと思います。

それが、「男の疲れ顔」についてです。
これに対策していきたい。という記事になります。




実際に僕も男なので同じなのですが、女性に比べ絶対に鏡を見て自分の見た目をチェックする機会は少ないし、そもそもそんな部分に時間やお金を割くのであれば、他のことに時間や金を投資したいですよね。

とはいえ、意外と安価で手軽に疲れ顔は対策できるとしたら?

思い立ったが吉日、調べてみたら疲れ顔の改善にはそんなに高価なアイテムも必要ないですし、これを機に疲れ顔、疲れて見られること、一緒に改善をしていきましょう。

男の疲れ顔に対策しようと思ったきっかけ

なぜ急に疲れ顔について対策しようと思ったかというと、2点の理由があります。

もっと母数が多い悩みだと、ヒゲやニキビなど他の悩みが挙げられますが、何故ピンポイントで疲れ顔対策の記事を書こうと思ったのか…

「顔、疲れてますね…」

去年、仕事中たくさんの人に言われた言葉です。




打ち合わせ中の取引先などにも心配される見た目だったようで、あまりにも複数人から指摘されるので、自分の中でもこれは客観的に見てマズイんだろうな…と気が付きました。
実際に1日に5件くらいの外部との打ち合わせを入れていたので、疲れていないといえば嘘になりますが、ヘトヘトで眠たくて仕方がない…というレベルまでは行っていなかったので、そんなに疲れ顔だったとは衝撃でした。

20代前半のことはこれくらいの疲れは日常茶飯事だったけど、当時は誰からも疲れ顔を指摘されなかったので、年齢を感じました…

ちなみに自分で鏡を一生懸命見ても、疲れ顔かはピンと来ませんでした。笑
(なんとなく、肌が暗いというかドヨンとしている印象でしたが。)
ただ、他人からこのように見られることのメリットは一つもありませんよね。

ちなみにこのタイミングでの僕のスキンケアは、風呂上がりに顔に化粧水を塗る程度でした。

しかし特に身の周りでスキンケアの話題など出ないので、同世代の他の人間がどういった対策をしていたのか全く分からず、どうして良いか分かりませんでした…。

メンズスキンケアについての流行

加えて、ここ2年くらいで圧倒的に増えました。メンズスキンケアの広告。




メイク男子なんて言葉もテレビで取り上げられるくらい、メイクをする男性も増えました。

本業で広告業界の人たちと話すことも多いんですが、ずっと女性向けに展開していたブランドがメンズ向けブランドを出したり、メンズスキンケアに商品に特化した会社を起業する人もすごい勢いで増えているそうなんです。

これには化粧品会社が女性向けに販売するのがレッドオーシャンになりすぎたため販売戦略を変えたことや、世の中がジェンダーレスを支持するように変わってきたことで、元々スキンケアにこだわりたい男性が声を堂々とできるようになった…など理由はいくつもありますが、間違いなく広告市場はメンズのスキンケア市場へ大きく傾いています

広告市場が傾けば、販売数が伸びる、販売数が伸びれば口コミや紹介が生まれ、更に市場は大きくなっていきます。

今や大企業の資生堂(unoブランド)なども大々的に広告費を投入して、様々な芸能人を起用して複数パターンのCMを展開しています。
その影響で、徐々にドラッグストアなどでもメンズの棚領域が広くなっていっているんです。




こうした影響もあり、僕自身この機会にスキンケア含む、見た目についてもう少し気を使ってみても良いのでは?と考えることになりました。

顔が疲れて見えることのデメリット

疲れていないのに“疲れてる?”と言われたことがある男性必見 《uno男の肌と印象調査 第2弾 》 肌が暗いと疲れてないのに疲れた印象に見えることを資生堂が解明!
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000001315.000005794.html

上記の記事が、例によって資生堂さんの方で調査データをプレスリリースを出しています。

この調査によると、
20−50代の男性600人の約8割が「疲れていないのに、疲れていると指摘されたことがある」、ということです。
更に、疲れていると認識する理由は「顔」が大半の意見とのことです。

また顔が疲れていない人のほうが、

  • 信頼を感じる
  • 憧れる
  • 魅力を感じる
  • 若く見える

ということも統計的に分かっているとの事です。




イケていないと思われる

つまるところは、これです。
ビジネス面でも非ビジネス面でも、イケていないと思われてしまうんです。

更にいうと、自己管理ができていない。と映ってしまう危険性があります。

ビジネスであれば、発注したくないし出来る限り仕事を任せたくない。
非ビジネスでも、モテないし、他の友人に紹介しづらい。

こういった印象を持たれてしまうんです。
この、数値化できない部分で、”なんとなくイケてない”の原因が顔の覇気だったり、疲れ顔だったりするんです。

そして、まだこの事に大多数の男性は気がついていません
今であれば、他の男性と差別化を図るのに持ってこいなタイミングなんです。

疲れて暗い印象の他の人間と差をつけて、抜きん出てしまいましょう。

顔が疲れて見える原因

さぁ、抜きん出るといっても、具体的に何をしたら疲れ顔を回避できるのでしょうか?
上記の資生堂さんの調査データでは、疲れ顔だと判断される原因の”大部分は顔”ということが分かりましたが、
顔と言っても複数の要素で構成されています。

顔の中でも更に、疲れ顔だと判断される要素TOP3についても資生堂さんのデータで挙げられています。
今回はこのデータを元にまずは顔の中でも特に対策が必要な箇所を知りましょう。




疲れ顔の原因ランキング1位:目の充血

調査データによると、1位は目の充血です。
確かに充血していると、何か徹夜明けのようなイメージがありますね。

こういってこともあってか、目が充血している人を見ると寝不足かな?疲れているかな?と感じる人が多いです。

実際に目の充血の原因は、

  • 外部からの刺激があった場合
  • 目に栄養が行き届いておらず、血管が膨張して酸素や栄養を運ぼうとしている場合

などの複数の種類があるので、きちんと状況に応じて対処しましょう。




その他の場合、必要であれば眼科に行く必要があるかもしれません。

疲れ顔の原因ランキング2位:肌の状態(肌荒れ、乾燥)

続いて2位は、肌荒れや乾燥です。
肌がガサガサしている人は、疲れて見えることが多いとのデータでした。
また肌がガサガサしているだけでなく、肌の明るさについて、暗くなれば暗くなるほど疲れて見える、というデータも同時に出ています。

なので、肌がガサガサしていなく(荒れておらず、みずみずしさがある)、肌のトーンが明るいことが重要となります。
これも目の充血と同じように、寝不足などが連想されてしまうため、疲れている印象に繋がってしまうのでしょう。

実際には寝不足以外にも栄養不足やスキンケアの不足だったりと、他にも肌荒れの原因は存在するので、きちんとした対策が必要となる箇所ですね。




疲れ顔の原因ランキング3位:顔のむくみ

3位は顔のむくみですね。
目の周りや頬が腫れていると、どんよりとした雰囲気が漂ってしまいます。

こちらも同様に、睡眠不足の症状としてあげられますね。

これらのことから、
顔が疲れて見えるという本質は、寝不足に見えることとほぼイコールといえるかもしれません。

そして寝不足であろうとなかろうと、疲れていなかろうと、相手から見て疲れて見られると、イケていない印象を与えてしまう。

という人生のルールが見て取れます。
これが把握できれば、あとはそれに合わせて対策をすれば良いんです。

実際に僕自身も対策を始めてから、取引先から「顔、疲れてません?」なんて言われることが無くなりました
さらにこの対策自体は、月に2,000円もかからないんです。

では続いて、各対策にいくらくらいお金が掛かるのか調べたので、記載していきます。

顔が疲れて見えることの対策

上記の通り、
目が充血していて、肌が荒れてトーンが暗く、顔全体がむくんでいる。
この状態をちきんと回避できれば、自然と相対的に周りよりも良い印象を持たれることが言えます。

(他の男性はノータッチなことが多いので。)

一つずつ対策を記載します。

目の充血対策

目の充血の原因は、

  1. 目に刺激物が入ったとき
  2. 目を酷使しすぎたとき
  3. 目が紫外線でダメージを受けたとき

この3つです。

刺激物が入った場合、洗い流し清潔な状態を保つのがベストです。

目を酷使しすぎた場合、目薬を指して5分ほど目を閉じるだけでだいぶ回復するのでおすすめです。
※その際に使用する目薬は、目の乾き用ではなく、「目の疲れ用」なので注意!きちんと目の充血を収縮する効能が入っています。

目が紫外線でダメージを受けた場合も、同じように目薬です。グリチルリチン酸二カリウムなど、炎症を抑える成分が入っていることを確認しましょう。

これらの目薬は医薬品類なので有人のドラッグストアなどで手に入れる必要がありますが、
どれも1,000円以下くらいで手に入りますので、カバンの中に1ついれておくだけで解決できます。

ちかくにドラッグストアがない場合、下記の目薬が目の疲れや紫外線のダメージに効果がある商品です。
大手のロート製薬社から販売されている安心の商品です。

肌荒れ、乾燥対策

次に肌荒れ、乾燥対策ですね。
これをサボると、肌のトーンが暗くなり、寝不足感、疲れているように見えてしまいます。

でも具体的に何をすれば肌のトーンって明るくなるの?

僕も最初は、全く分かりませんでした。
ただ色々調べていくうちに、とにかく多くの肌荒れの原因は、肌の水分不足にあることが分かりました。

つまりは「保湿」ですね。




(あとは、生活習慣から来る顔のくすみなどがありますが、こちらは日常的な対策が必要で、睡眠時間の確保や栄養バランスなどを見直す必要があり、即効性の高い対策がありません。)

保湿に関しての対策って正直近年、男性にとっては追い風なんですよ。

冒頭に申し上げたとおり、男性向けのスキンケア商品がたくさん販売されているので、情報がたくさんありますし、選べる商品選択肢も多いです。

本来であれば、
信頼できるスキンケアブランドの商品をラインで揃え(同ブランドの各工程の役割を持った商材たちを一覧でラインと呼ぶ)、洗顔、化粧水、導入美容液、美容液、乳液の順番を守って使っていくのが正しいです。

ただ、

  • 信頼できるブランドってどう探すんだ?
  • いくつもの工程ごとの商品買うの面倒!
  • 第一、それぞれ使うのにもどんだけ時間がかかるんだ。

など、僕は思いましたし、皆さんもそう思うかと思いますよね?

ただ安心してください。
今は便利なものがありまして、上記それぞれの機能をすべて合わせ持った、オールインワンジェルというものがあるんです。
化粧水、導入美容液、美容液、乳液の機能を含む)

最近だとCMでよく見る、資生堂unoブランドの下記商品が売れているしおすすめです。


なぜオススメかというと、この商品は男性向けオールインワンジェルの中で数少ない、「医薬部外品」なんです。

医薬部外品とは?
成分に効能があると国が認めた商品
化粧品→医薬部外品→医薬品
の順番で効能が強いが、副作用の危険性があります。
化粧品とは異なり効能は認められているが、医薬品のような副作用の危険性が少ないジャンルなんです。
いちばんいいとこ取りをしているカテゴリですね。

現状だと、とりあえずこの薬用バイタルクリームパーフェクションを使用しておけば間違いないです。

あと、洗顔だけは別途きちんとしなくてはならないです。
若干面倒ですが、個人個人で肌質が異なるので、それぞれに合った洗顔料を購入しましょう。(乾燥肌用、脂質肌用など)

全員が気をつけるポイントとしては、
洗顔は泡だてがものすごく大事です。

きちんと肌の凹凸に洗顔料が入っていかず、汚れが固まっていってしまいます。

洗顔料の泡だてに関しても便利なものが出ていて、
これで一発解決です。

洗顔料を容器の中へ入れて、ふた部分を容器の中へ押し込んで引いてを4回ほど行えば、濃密な泡があっという間に完成します。

世の中って、とても便利です。

ちなみに僕はとても乾燥肌だったのですが、これを使ったらほぼ乾燥が改善されました。

乾燥肌の方は是非。
若干値段は張りますが、2ヶ月以上使えるので、実際にはそんな身構えなくて良かったな。と思っています。
僕はすでに3個目リピート中です。

顔のむくみ対策

最後に、顔のむくみ対策です。
これは運動不足、寝不足、水分の摂りすぎなどが挙げられます。

具体的な対策としては、

・就寝前に必ずトイレに行く
・運動をして発汗する習慣を作る。
ホットアイマスクで溜まっている老廃物を流す

などになります。
運動するというのはまぁ当たり前に目指すべきなんですが、
就寝前に飲酒していて、トイレに行かず翌朝顔がパンパンにむくむ。
というのが多くの人のパターンだと思うので、これだけまずは気をつけましょう。

またホットアイマスクは安価で購入できて、目の周りのむくみ対策におすすめですよ。

CMなどが多く放送されているので、商品自体を知っている人は多いんですが、意外と男性で使ったことがある人が少ない印象です。

めっちゃ気持ちいいですし、むくみだけでなく目の疲れも取れるのでおすすめですよ!

まとめ

長くなりましたが、以上が男の疲れ顔の原因と対策です。

実際に疲れていなかろうと、疲れていると思われるだけでデメリットが大きい。
疲れていると判断される多くの原因は顔にある。
顔の中でも、目の充血肌荒れ顔のむくみが判断基準。

無駄な印象ダウンを避けるためにも、これらに対策だけはしっかり行いたい。

目薬スキンケアホットアイマスクなどの対策で解決する上、これらは合計でも1,000円ずつ(合計3,000円くらい)で可能な対策。

2019年、みんな疲れ顔から卒業して、いい年にしていきましょう!


下剋上ラボ管理人のプロフィールと伝えたいこと

30歳の副業サラリーマンです。
当ブログはスローペースですが、2015年に開設してゆっくりと更新しています。
少しでも読んでくれる方のお得になればと思って情報発信しています。
このブログで知ることができるテーマはは、下記の詳細ページを見てください。