LINEモバイルの通話料が安くなる簡単な裏技を見つけた。【確定で半額に!】

 
はいどうも。
今回は格安SIM(MVNO)のLINEモバイルユーザー向けの内容で、通話料を確定で半額にする方法を記事にします。
 
LINEモバイルに限らず、最近はアプリのLINEの機能で通話ができるので、電話に関してお金がかかることって格段に減りました。
 
とは言えLINEモバイル利用ユーザーで、
 
  • 仕事で使うため、電話番号による音声通話を使う必要がある。
  • LINEアプリの音声品質が悪く、電話番号による音声通話を使いたい。
 
こういった場合がまだ多く存在すると思います。
 
この場合の通話料はかかってしまう現状があるので、ここを安くすることで、月額のスマホ料金を削減しましょう。
 
 

LINEモバイルを利用し始めてから3年が経過した。

 
そもそも僕はLINEモバイルを2017年から利用しており、現在3年間利用しています
それまではずっとauユーザーだったのですが、話題に乗って格安SIMへ変更しました。
 
これによりauキャリア利用時点で18,000-20,000円もかかっていた月額のスマホ料金が、3,000円-5,000円に下げることが出来ました。
差額の15,000円ほどの固定費の削減に成功です。
 
年間で計算すると、18万円もの削減になりました。
海外旅行いけちゃいますね…。
 
こういった経緯から僕はMVOキャリアのスマホを使っている方には、絶対に格安SIMへの切り替えをおすすめしています。
 
 
しかし格安SIMのLINEモバイルでの固定費削減に喜んでいたのですが、最近すこし困ったことが起きました。
 

通話する機会が急に増えた

 
本業の方で、外出先で取引先とのやり取りをすることが増えてしまい、通話料があっという間に増えていってしまいました。
気がつけばLINEモバイルでの請求額が10,000円…
請求内訳を確認すると、通話料が7,000円まで上がっていました。
 
また固定費が上がっていってしまうので、対策を講じる必要がありました。
※本業の方では、法人用ケータイなどの支給は残念ながら無し
 
そこで色々調べていた結果3年使っていたLINEモバイルなのに、知らなかった機能と言うか、オプションを見つけました。
 

LINEモバイルの通話料を安くする裏技

 
裏技といっても、LINEモバイル公式でアナウンスされている方法です。
内容としては、LINEモバイルが出している特定の通話アプリを音声通話で利用することで、そのアプリ経由の通話代に関しては、確定で半額になるというものです。
 

その裏技、「LINEモバイルいつでも電話」アプリ

 
それが、「LINEモバイルいつでも電話」アプリです。
公式で案内されている割に、全然気がつけませんでした。
 
LINEモバイルでは通常の音声通話をする場合、20円/30秒がかかります。(※2020年1月現在)
最近知りましたが、これってかなり高いですよね。
1日10分の通話を平日行うだけで、8,000円にもなってしまいます。
(40円/1分×10分×20日計算)
 
これが、「いつでも電話」の通話アプリ経由で音声通話をすると、
20円/30秒が、10円/30秒に圧縮できるアプリなんです。
 
仕組みとしては、プレフィックス番号という機能を利用したものになっております。
プレフィックス番号とは、発信先の電話番号の先頭に特定の番号を付与することにより、音声通話に属性を付与する仕組みです。
 
有名なものだと、「184」を先頭につけて発信すると、非通知で発信することができ、発信側の番号が着信側へ伝わらないようにできる機能がありますね。
 
「いつでも電話」アプリはこれのようなイメージで、先頭に独自の番号を付与することで、専門の中継会社を経由して音声通話を行います。
中継会社を通すことで、課金の方式が変わり、安くなる仕組みです。
 
じゃあその先頭につける番号を覚えておけば、こういったアプリを使わなくても半額になる!って思うんですが、どうやらこの先頭に付与する番号は定期的に変わるようです。
なので、最新の番号を自動付与してくれる「いつでも電話」アプリを使うほうが確実に料金を半額にできるんですね。
 
また、この「いつでも電話」アプリの利用自体は無料でインストール、利用できますが、月額880円のオプションプランに入ると更に安くなる可能性があります。
 

10分電話かけ放題オプションが存在する

 
それが月額880円のオプションの10分電話かけ放題オプションです。
3大キャリアでも、割と案内されているオプションですね。
 
実際に自分が普段10分以上電話する機会がどれくらいあるのか?をきちんと確認しましょう。
 
平成28年のデータにはなりますが、総務省に日本の携帯電話での平均通話時間が発表されていました。
平均、2分14秒とのことです。
 
僕のように仕事で使う場合は、電話でちょっとした打ち合わせなども行う可能性があるので、10分は超える機会もありえるとは思いますが。
 
総務省:通信量からみた我が国の音声通信利用状況の修正内容一覧
 
ざっくり数パターンのシチュエーションで料金を算出してみました。
それぞれにあったプランを選びましょう。
 
1日10分の電話を2回する場合
デフォルト:12,000円(10分400円×30日)
いつでも電話アプリ利用:6,000円(10分200円×30日)
10分電話かけ放題:880円
 
1日5分の電話を1回する場合
デフォルト:6,000円(5分200円×30日)
いつでも電話アプリ利用:3,000円(5分100円×30日)
10分電話かけ放題:880円
 
1日4分の電話を週に3回する場合
デフォルト:1,920円(4分160円×12日)
いつでも電話アプリ利用:960円(4分80円×12日)
10分電話かけ放題:880円
 
だいたいのパターンであれば10分電話かけ放題プランに入ってしまったほうが料金的に安く、安心できそうですね。
 

LINEモバイル「いつでも通話」アプリの通話品質は?

 
10分かけ放題オプションへ加入するべきかは置いておいて、「いつでも電話」アプリ自体は、すべてのLINEモバイルユーザーが使ったほうがいいアプリです。
とはいえ通話品質が悪く、音声に遅延が出たり、途切れ途切れになってしまっては意味がありません。
 
結論から言うと、通話品質は普通の音声通話と同じで、何の問題もありません
ただ音声通話ではあるので、電波が入っていないと通話は不可能です。
 
※反対にLINE通話であれば、Wi-Fiが入っていれば通話可能。
 
高品質な音声通話を最安値で使うためには、この「いつでも電話」アプリは必須ですね。
 
 

LINEモバイル利用者全員、使ったほうが良いアプリ。

 
長くなりましたが、以上がLINEモバイル利用者全員にお伝えしたい「いつでも電話」アプリについてでした。
 
 
このような固定費削減の内容だったり、「お金に余裕を持つ」ための施策を複数記事にしています。
他の記事も是非ご覧になって、一緒にお金に余裕を持つ生活を目指しましょう!
 
 
 
 

下剋上ラボ管理人のプロフィールと伝えたいこと

30歳の副業サラリーマンです。
当ブログはスローペースですが、2015年に開設してゆっくりと更新しています。
少しでも読んでくれる方のお得になればと思って情報発信しています。
このブログで知ることができるテーマはは、下記の詳細ページを見てください。