読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下剋上ラボ!

馬鹿にされ続けた人生に下克上を!

初対面が苦手…そんな不安を”一発”で解決する『会話のルール』

初対面が苦手な人

 
 
 
はいどうも。

もうすっかり気温も春になりましたね。

春といえば出会いの季節。

 

なんだかスケジュール帳が合コンなどの飲み会で埋まってきたわけです。

でも、どーしても苦手!

あの初めましての雰囲気。
 

 

 
 
「は、早く喋らないと…!あうあう」 ⇒ 結果、空回り…!
 
はい、ずっと僕もそうでした。
 
空回りするとそれがまた「ヤバい!空回った!」って表情に出て
それがまたさらに緊張に繋がり・・・
(ああ思い出したくない)
 
 
昔からずーーっと、なんとかしたいと考えていたんです!
 
 
でもね、今は大丈夫です。(ある程度)
 
解決法を見つけたからね!
 
 
きっかけは、
コミュ力の高い友人との飲み会。
 
今日も初めましての人がいる。
友人は軽快にトークを進めていく…!
 
手持無沙汰だったんで、
ずっと観察してたらある事に気づいた。
 
「こいつ、やたら質問するな…?」
 
 
なんだか質問を起点にトークが広がっている気がする!
 
 
そこから飲み会の度に一番トークを回している人を観察したら、
みんな質問しまくってる!
 
そこで気づいた。
この質問をテンプレ化して覚えちゃえばいいんでない?
 
 
ということで聞き込んだところ、
初対面の人にすべき質問は大きく分けて6点!
 

1.なんの仕事してるんですか?(職業)

これは鉄板。
名乗った後にすぐ出番が来る場合もある。
ニートやフリーターの人は気まずいだろうね。
昔フリーターしてた時期はこの質問されるの嫌いだったなー!
 
職種や業界が近いと仲良くなりやすい。
転職経験者は引き出しが増えるからうらやましい。
 

2.どこ出身なんですか?(地元)

これも名前と同じタイミングで聞かれることある。
同郷だとテンション上がる模様。(東京を除く)
埼玉とかだとみんなコメントに困ってた。
 

3.今どの辺に住んでる人なんですか?(現住所)

なんだか女性に聞くにはタイミングが大事そうな気がする。
これも近い人同士はテンション上がったりする。
 

4.いつもどの辺で飲んだりしてるんですか?(活動地)

活動地は大事。
自宅付近では飲まないっていう人結構いる。
あと、この回答でなんとなく人となりがわかる気がする。
 
銀座:金持ち
吉祥寺:オシャレ
みたいな(あまりに雑か!)
 

5.休日何をしてます?(趣味)

一番もりあがるのはココな気がする。
やっぱり趣味の話って聞いてて面白いよね。
レアな趣味から共通の趣味だとか、
割と尺を持っていかれるカテゴリの話題。
 

6.彼氏(彼女)いるんですか?(恋人)

中盤あたりでの質問のイメージが強い。
 
 
この質問たちが多かった!
コミュ力たちはこの大体この質問の回答内容で話に花を咲かせてた!
 
ナルホドネー!
 
さらに、上記の質問たちは回答によって他の話題へのフラグが立ちやすい!
 
1.なんの仕事してるんですか?(職業)  
【次の話題フラグ】職場社内の愚痴儲かり具合・社畜具合出会い
 
2.どこ出身なんですか?(地元)
【次の話題フラグ】名産名所方言旅行
 
3.今どの辺に住んでる人なんですか?(現住所)
【次の話題フラグ】名所活動地
 
4.いつもどの辺で飲んだりしてるんですか?(活動地)
【次の話題フラグ】話題スポットグルメ
 
5.休日何をしてます?(趣味)
【次の話題フラグ】無限に広がります
 
6.彼氏(彼女)いるんですか?(恋人)
【次の話題フラグ】恋愛観出会い次の企画
 
 
【結論】
・この6つの質問の型だけ覚えて、
回答で集めた情報をもとにフラグ立てた次の話題へ移動!
 
 
 
これで僕は初対面の会話は全く困らなくなりました!
 
おすすめです!
 
今では合コン幹事もこなせてます。
↓合コン記事