下剋上ラボ!

馬鹿にされ続けた人生に下克上を!

社会人になって始めて知ったビジネス用語・業界用語【広告業界界隈】

スマホの画面

 
はいどうも。
 
5月が終わりましたね。
5月、僕にとって初めてになりますがスマホの通信制限にかかりました。
 
 
あれ本当に重くなるんですね、、
びっくりしました。
あのままじゃ使い物にならないので、もう二度となるまい!
 
と思い、原因と対策を調べました。

 

 

通信制限の原因

個人的な調査結果では下記の3パターンがデータ通信が多く、気をつけなくてはいけないポイントでした。

1.動画

YouTubeしかり、ニコニコ動画、最近はやりのAbemaTVやツイキャスなど、やはり通信量がハンパないらしく、人によってはこれだけであっという間に通信量オーバーします。
まぁこれは多くの人は知っている部分だとは思いますが、知り合いには通勤時間をすべてYouTubeをつけっぱなしで音楽プレーヤーとして使用している人がいて、ビビりました。
通信制限マジうざいって…そりゃあそうでしょう…
 
でも一部どうしようもない部分もあって、ツイキャスとかは読者モデルやアイドルがよく配信していますが、とにかく不定期に始まるんです。これはもうそういう文化なのでしょうが、急に始まるもんだから見ようとすると大体
外出時なんですよね。
キャスの映像とかは後から動画でアップロードされるものばかりじゃないので、好きなアイドルとかの配信だと、欲に負けてしまうんじゃないですかね。。
 
2.音楽
今はAWA MUSICやGoogle PLAY Music、それ以外に無料音楽アプリがたくさん出回っていますね、それの良し悪しは割愛しますが、すべてにおいて通信量がハンパない。
ちなみに僕はAmazon Musicユーザーです。
早く邦楽もっと追加してくれ。
 
3.デザリング
まだまだWifiルーターを一人ひとり全員持っている時代ではありません。
ビジネスマン(優良企業)なら支給されることもあるかもしれませんね。
ですが多くの人はPCやサブ端末を使用するときにはメイン端末のデザリング機能を使う人も多いでしょう。
ですがこれまだ通信量がハンパない!
PCをテザリングで繋げて、そのPCで動画なんぞを再生した日には一発で通信量を圧迫します。
 
前に一度やったことあるけど、
テザリングでPS vitaを接続してオンラインに潜る。あれはダメだね、割と圧迫しました。
それから月日が経つ中で、どうやらオンラインに潜るゲーマーの中ではあれはご法度だったらしいですね。すみません。
(スマホのテザリングはまだまだ不安定でオンラインに潜ると相手からラグって見えたり、全体の進行に影響してしまう場合があるらしいです。)
 
 

通信制限の対策

 

VS動画・音楽

 
まず、Wifi環境下にない場合は動画を見ない。
Wifi環境でダウンロードをしてから後でローカルで再生するのが良い!
<引っかかりやすいトラップ>
SNSアプリの途中に挟まっている、勝手に始まる動画広告。あれ通信量蝕んでいます。
 
 

VSテザリング

 
これはもうピンポイントで使うしかないですね!
同期する瞬間だけテザリングを作動させるなど、なるべくその瞬間だけ使うようにしています。
例えば、メールなら下書きに複数個入った状態でテザリングして1度に送ってしまうなど。
 
 
 
 
以上の方法で一度対策を取ってみています。
現状問題ないですが、さらにまた通信量を節約できる手法ありましたら随時更新していきます。