読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

下剋上ラボ!

馬鹿にされ続けた人生に下克上を!

Eightに一瞬で300枚の名刺を登録する方法・手順【めんどいを解決!】

f:id:gekokujo-labo:20161104165720j:image

はいどうも。(@at_box)です。

 

 
今回はビジネスマン向けの記事です。
特に営業マン向けかな?
 
というのも、
ずっと会社の引き出しに無秩序に並べられた名刺をちゃんと管理しようと思い色々と調べていたら画期的な方法を知ったので、
それを説明したいんです。
 

 

名刺の管理がすごく、めんどい。

 
名刺の管理ってめちゃくちゃ面倒くさいですよね。
頑張って手動で名刺ケースにアルファベット順とかで並べても急いでいる時に対応しづらいし、
外出時(名刺ケースが手元にない状況)で必要になったり。
 
僕は自分の資産になるかも?と考えてずっとEvernoteで写真を撮って管理をしていました。
 
これで、
  • 外出時も検索をかけられる
  • 複数デバイスで管理できる
とあったので満足していたのですが、
いい加減何年も名刺内容を入力するのが疲れました
 
はい。ただただ疲れました。
 
なので他の方法は何かないかと思って探していました。
 

Eightに辿り着いた

 
最近CMなんかでもよく見かけるSansanという会社の名刺管理アプリにたどり着きました。
システムとしては、
・無料アプリ
・名刺を写真撮ると、この会社が人力で情報を入力してくれるというもの。
・その代わり人力なので1営業日〜3営業日かかる。(肌感覚)
・相手もEightを使っていれば、お互いに通知が出る。
・相手が入力をしていれば、前職などの経歴が見られる。
 
みたいな感じです。
 
会社の情報(住所や電話番号など)が自動的に登録してもらえるならラッキーだなーと思って使い始めてみました。
名刺を撮って送信すると、「ただいま入力中です」という表示になり、またしばらくして見てみると登録されています。
 
画期的!楽!好き!
 
しかし。。
 

今度は1枚1枚写真を取るのがめんどい

 
楽にはなったのですが、肝心の”写真を一枚一枚撮る作業”からは開放されていません。
1周間くらい使った段階で気が付きました。
 
これでもまだめんどい。と…
 
同僚に愚痴をこぼしていたら、更にそれを解決する方法があるとのことを聞きました。
どうやら有名なサービスらしく、完全に僕の調査不足でした…
 

「どこでもスキャン」サービスを知る。

 
Eightのサービス情報の紹介ページにもリンクが貼ってあったのですが、
「どこでもスキャン」というサービスがあります。
 
これは写真を撮るではなく、複数枚を一度にスキャン機で読み取り、Eightに取り込んでくれるサービスです。
主に全国の”喫茶店ルノアール””貸し会議室”などで無料で使えるとのこと。
 
 
ちょうど営業で外回りをしている際にルノアールがあったので、早速やってきました。
 

「どこでもスキャン」の手順

 
①あらかじめ「Eight scan」アプリをインストールしておく。
②スキャナの前に行く。(蓋を閉めておく。)
③スキャナの蓋を開けて、ランプがオレンジに変わったらスマホのWi-fiを起動し、
 スキャナーに記載してあるWi-fi番号につなげる。(iPhoneの場合。Androidは手順③は必要なし)
 

f:id:gekokujo-labo:20161104165658j:image

 
④名刺を差しこみ部分に名刺を入れる
※赤枠部分(一度に20枚程度が入る。段々減っていくので順次差し込む。)
 

f:id:gekokujo-labo:20161104165709j:image

⑤自動的にスキャン開始。
(100枚スキャンした段階で一度サーバーへ読み込む時間が必要<10秒ほど>)
 
以上
 

まとめ

 
これで名刺を300枚持って行って(重かった)、一気にスキャンを行ってきました。
・所要時間は10分程度。
・かかった費用はブレンドコーヒー550円
・スキャンし終わったあと、人力入力が完了するのに約2日
 
わずかこれだけの投資で名刺管理が完璧になりました。
どこでもスキャンを行ったのが先週で、
今週さっそくEightを活用して連絡をとってみましたが、超快適
 
 
全営業マンは、コレを導入するだけで営業効率がグッと上がるんじゃないかな。
是非おすすめです!