iPhone × auが高いので、遂に「格安スマホ」に変更する!

はいどうも。(@at_box)です。
世間でもCMなどで格安スマホがだいぶ露出されて、知名度もどんどん上がってきていますね。
ブロガーの方も多くの人が格安スマホへ切り替えていて、情報リテラシーが高い人のみ損しない典型的な例となっています。
そんな中僕はauキャリアで10年以上過ごしていましたが、ちょうど24ヶ月の利用期間が終了し、切り替えのタイミングとなったので格安スマホに切り替えようと思います!
今回はそんな内容です。

 

iPhone、高すぎ…!

そう、切り替えのタイミングでiPhone7等の情報を見ていたのですが、とにかく高い!
なんだよ8万円って!
iPhone7 で72,800円(税抜)
iPhone7 plus で85,800円(税抜)
が公式の購入価格となっています。
(2017/07/01情報)
高いよ…。
僕の懐はそんなに暖まっていないので、このiPhone7購入はちょっと悩んでいました。
さらに言えば別にAppleのファンではなく、アプリやスマホケースがiPhoneのほうが種類が多かったこともあり、消去法でiPhoneを利用していただけだったので、iPhoneから切り替えてしまっても抵抗ないです。
それにどちらかと言うと、AppleよりGoogleのファンです。 (何

<無料>音楽アプリの最適解はGoogle Play Musicであると思う。

2017.06.24
一応、7万超えの本体代をキャリアでまたauと契約するパターンも考えました。
でもそれだと月額料金がまた高くなってしまう…
※現在は毎月8,000円くらいかかっています。
8,000円×24ヶ月=192,000円。
約20万円はなかなか高い。
そこで格安スマホが選択肢として挙がりました。
結論、
iPhoneも、auも高いよ!

格安スマホへ切り替えてみよう。

まず端末側を自分にあったモノを選びたいと考えました。
今回僕の希望は、
  1. テザリングができる。
  2. iPhoneより安い。
  3. 話題性のある機種がいいなぁ。
上記3点でした。

希望1 デザリングができる。

テザリング、便利ですよね。
iPhoneを使っているときも常に利用していました。
これのお陰でポケットWifiを購入せずに済みますし、テザリングでChromebookを接続して動かしていた僕にとっては必要な機能です。

↓Chromebook、安くてすごくおすすめです。

やっぱり違うChromebookを買うことにした!経緯と新たな決意

2016.10.22
  • 端末によって利用できないパターン
  • 回線によって利用できないパターン
  • 組み合わせによって利用できないパターン
上記それぞれあるようで、細かく見ていくと吐きそうになったので笑
先駆者が利用している情報を頼りに探していくことにしました。

希望2 iPhoneより安い。

上述しましたが、iPhoneは今の自分にとっては高すぎる。
調べた結果、最近の格安スマホ機種は3つのグレードになんとなく分かれていて、それによって価格帯が変動するとのこと。
もちろん価格に応じて容量、スペックも比例します。
  • 入門モデル (1-2万円)
  • ミッドレンジモデル(3-4万円)
  • ハイエンドモデル(5万円以上)
安いですね。。
ハイエンドモデルでiPhoneよりも安いです。
今回の僕の判断軸は安さこそ正義だったのですが、
スマホを仕事で使うこともあって、それ専用のアプリ等も入れなくてはいけないため、ある程度の容量サクサク動くスペックが必要でした。
商談中にスマホが固まったりしたら、しんどいですからね。
なので、中間層のミッドレンジモデルから選ぶことにしました。
そして、使い慣れてきたら段々とモデルのグレードを上げていく。
SIMカードを差し替えれば新しい端末にすぐに乗り換えられるのも、格安スマホの良い部分ですね。
使い終わった端末はヤフオク・メルカリで売れるので、その分はお金返ってきます。
本当に良い時代になりました。

希望3 話題性のある機種が良い。

どうせ使うなら話題性のある機種がいいなーと考えていました。
やっぱり人と対面してて話題に挙がるに越したことはないし、あと話題の商品はユーザーが多いので何か困ったときもWEB上に解決策が上がっている可能性が高い。
最近だと、HUAWEIの求人が初任給40万円というニュースが話題でしたよね。
本当かどうか分かりませんが、本当であれば勢いのある会社な上、社員に対して還元努力も見られる良い企業ですね。
このバズでHUAWEIの知名度はまた上がったでしょう。
これが戦略だったらかっこいいなー。
とまあ、こういう話を他人と出来るようなデバイスが欲しいですね。

HUAWEI P10 liteが条件を満たす。

そうです。
HUAWEI P10が条件を満たします。
本当はHUAWEI HONERシリーズでも条件を満たすのですが半年前の機種だったので、どうせなら今いちばん勢いのあるPシリーズを買ってしまおうかと。
Pシリーズはどちらかと言うとカメラ機能を推していて、現在写真に興味はないのですがこれを機に生活に「写真を撮る」という文化も取り入れてみたいですね。
f:id:gekokujo-labo:20170703085916p:image
しかしP10には
  • P10 Plus  (7万円前後)
  • P10     (6万円前後)
  • P10 lite     (3万円前後)
と3パターン出ていて、上から順に価格、スペックが高いです。
今回はP10 liteにしようかなと思っています。
身の丈に合わないハイエンドモデルを買ってもスペックを使いこなせません。
おそらくP11もいつか発売されるので、その頃にはlite以上を購入するかもしれません。

MVNOはLINEモバイルに決めた。

MVNOはLINEモバイル一択かなと思っています。
正直価格に関しては、auキャリアより安くなればいいのでどの回線でも条件はクリアです。
その中でLINEモバイルにしたいのは下記2点の理由。
  1. サービスとしての勢いを感じる(広告費的な意味で)
  2. SNSがカウントフリー

 

サービスとしての勢いを感じたブランド(主観)は
  1. YOSHIKI起用でオンライン・オフラインどちらも広告露出が高い、「楽天モバイル
  2. 元々のブランド知名度からガッツリとユーザーを刈り取る方針の、「LINEモバイル
  3. 顧客満足度での口コミ拡販戦略が当たっている、「mineo(マイネオ)
の3つだったのですが、
  • マイネオの方向性がiPhoneユーザーの刈り取り方向へ向いている
  • そもそも楽天というブランドがあまり好きでない、
ということで消去法でLINEモバイルに決まりました。
もちろん普段LINEとTwitterくらいしか利用しないので、SNSのカウントフリーはかなり助かるという部分もあります。
ですが正直、最終的にはイメージで決めました。
改めて、モノを比較する際に人間は「なんとなく好きなほう」を選ぶんだな、と感じました。
広告やブランディングって大切ですね。

まとめ

ということで、格安スマホへの切り替えを行います。
まだMNPの申し込みなど手続きなのが残っていますが、無事に切り替えが完了したらまた記事に起こしたいと思います!
以下、まとめです。
  • iPhoneの端末代・auの通信費は高いので、格安スマホに切り替える!
  • HUAWEIの勢いがすごいので購入する!
  • 企業ブランディングに影響されて、LINEモバイルを利用予定!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です